お歳暮を選ぶ時の注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)点としては、まず第一に、高価すぎるものを贈らないということが挙げられます。 相手との関係性にもよるでしょうが、あまりにも高いものを贈ってしまうと、相手が恐縮してしまうでしょう。 また、食品を選ぶ時には、相手の好き嫌いに合わせて贈りたいでしょうね。 単に嫌いというだけでなく、時にはアレルギーがある場合もありますから、普段の会話(途切れた時のことを天使が通ったと表現することもあります)の中からリサーチしておくといいですね。 例えば、小麦アレルギーを持つお子さんがいるご家庭にクッキーの詰め合わせを贈ったりしたら、嫌がらせになってしまいます。 また、ビールもお歳暮の定番ですが、お酒を嗜まない方にアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)類を贈っても、あまり喜んではもらえないでしょう。 相手がお年を召している場合には、持病の関係で食事制限をしなくてはいけないことも多く、良かれと思って贈った食べ物がかえって迷惑になってしまうこともあります。 相手の好みや事情がよくわからないようなら、ちょっと味気なくはあるものの、カタログギフトなどにしておいた方が無難かもしれませんー